ホーム » 未分類 » あんしん太陽光発電エコの輪なら初期投資費用0円で自社発電スタート!

あんしん太陽光発電エコの輪なら初期投資費用0円で自社発電スタート!

光熱費の出費をなるべく抑えたいと思っている企業は多いのではないでしょうか?
電力の自由化がスタートしてから10年以上が経過し、大量の電力を消費する企業においては、電気は買うから作るへと、変わって来ています。
自家発電を導入してみたいけれども初期投資費用はなるべく抑えたいと思っている企業は多いことでしょう。
そこで、初期費投資用を抑えてスタート出来るあんしん太陽光発電エコの輪の法人向けサービスをご紹介しましょう。

◆初期投資費用0円発電

まずは、あんしん太陽光発電エコの輪の企業向けサービスの中で、初期投資費用0円でスタートすることが出来る発電とはどのようなものなのかみてみましょう。
あんしん太陽光発電エコの輪で導入している方法は「PPAモデル」と呼ばれています。
「Power Purchase Agreement」の頭文字を取って「PPA」と略されているそうです。電力購入の契約で発電して電力を販売する者とその電力を購入する者との間で結ばれる契約になります。
因みに太陽光発電に関する契約の名称としては「ソーラーPPA」、「第三者所有モデル」、「オンサイト発電サービス」などがあるそうです。
あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている「PPAモデル」が初期投資費用0円でスタートすることが出来るのは、電気を購入する企業が所有する場所(屋根)などを太陽光発電の設置場所として、あんしん太陽光発電エコの輪が提携している業者が利用し、企業はその業者が発電する電気を利用するという仕組みになっているからだそうです。
つまり、企業は太陽光発電の設備を購入する必要がないため、初期投資費用が0円ということになります。

◆「PPAモデル」のメリットとデメリット

次に、あんしん太陽光発電エコの輪の「PAAモデル」のメリットとデメリットについて確認しておきましょう。
メリットとして、契約している期間は購入する電気料金が固定のため変動することがない点をまずあげることが出来るでしょう。
企業が保有している設備ではないため、修理や保守を行う必要もありません。電気料金は発電量に応じて発生しますので無駄がありません。設備は企業の資産ではありませんので資産として計上する必要がありません。
デメリットとしては、設備の所有者でないため交換や処分を勝手に行うことができないことです。契約期間については15年~20年という長期間の契約となるそうです。基本的に途中での解約をすることが出来ないのもデメリットと言えるでしょう。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている初期投資費用0円で始めることが出来る企業向けサービスについてみてきましたが、導入を検討される際にはメリット面だけでなくデメリット面についても慎重に検討された上で決めることが必要でしょう。