ホーム » 2020 » 6月

月別アーカイブ: 6月 2020

あんしん太陽光発電エコの輪を利用して太陽光発電への投資を成功させるには?

投資の対象となるものには実に様々なものがあります。
そうした投資のひとつとして、太陽光発電への投資を考える方もいることでしょう。
あんしん太陽光発電エコの輪では、投資型太陽光発電事業を行っており、想定表面利回り10%以上のものが売られているようです。
太陽光発電事業への投資を成功させるにはどうすれば良いのか探ってみることにしましょう。

◆太陽光発電事業の現状

まずは、太陽光発電事業の現状についてチェックしておきましょう。
原子力発電や火力発電のなどの発電方法は電力源が限りあるものである点と周囲の環境への影響などから、自然にあるエネルギーを電力に変える再生可能エネルギーの太陽光発電、バイオマス発電、風力発電などが注目されるようになりました。
中でも太陽光発電は、日本の日照量の多さと屋根に設置出来る手軽さなどから急速に広がっていった発電方法と言えるでしょう。
2016年に制定された「固定価格買取制度(FIT)」によって、更に太陽光発電の広がりを加速させることになったと言われています。
ただ、FITは下がっている傾向にあるため、最近ではFITが高く設定されている中古市場が活発だそうです。
あんしん太陽光発電エコの輪では、こうした現状を踏まえて新規の投資型太陽光発電事業だけでなく、中古の発電所の買取も積極的に行っているようです。

◆価値のある太陽光発電所

せっかく投資を行うのであれば、価値のある太陽光発電事業に対して投資を行いたいものです。どうすれば良いのでしょうか?
あんしん太陽光発電エコの輪では、土地と太陽光発電設備がセットになったものを販売しています。あんしん太陽光発電エコの輪のHPにアクセスすれば北海道から九州までにある販売中の土地と太陽光発電設備を見ることが出来ます。
せっかく発電設備を購入しても電力会社が電気の購入をコントロールしてしまう地域であれば、思ったように電気を買ってもらえないことになります。これを出力抑制と言うそうですが、出力抑制が行われていない地域であることは重要なポイントとなるようです。
あんしん太陽光発電エコの輪では様々な地域での土地と太陽光発電設備が売られていますので、出力抑制に該当するかどうかチェックした上で購入する地域をチョイスすると良いでしょう。
あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている投資型太陽光発電事業の土地付き設備には、想定表面利回りやFITが記載されていますので参考にすることが出来るでしょう。

◆まとめ

太陽光発電事業への投資を成功させるポイントについてみてきましたが、あんしん太陽光発電エコの輪ではFITなどもHPに公表されていますので、収入の予測は立てやすそうです。出力抑制が行われている地域かどうかをまずはチェックしておくことでリスクを避けることが可能でしょう。

あんしん太陽光発電エコの輪の太陽光発電を利用して企業イメージ・アップ!

最近は環境問題に対して積極的な取り組みを行っている企業が多くなって来ています。環境問題に対して配慮することで企業イメージ・アップにもつながる傾向にあります。
あんしん太陽光発電エコの輪では、企業向けの自家消費型の太陽光発電設備の取り扱いを行っていますので、ご紹介しましょう。

◆エコの輪と企業イメージ

自社で使う電力について太陽光発電を利用して賄っている企業に対する評価はとても高い傾向にあることでしょう。
これは日本だけのことではなく、「持続可能な開発目標(SDGs)」や「パリ協定」を受けてワールドワイドに脱炭素社会への積極的な行動が求められています。
日本においては、これまでの財務に関する情報にだけ頼って投資する傾向は薄れつつあるようです。
ESG投資と呼ばれる環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)面を評価する方法が拡大しているといいます。
あんしん太陽光発電エコの輪では、こうしたニーズに応えることが可能な企業向けの自家消費型太陽光発電設備の取り扱いを行っているそうです。

エコの輪に関するニュースはこちら

◆あんしん太陽光発電エコの輪の企業向け太陽光発電の特徴

それでは、あんしん太陽光発電エコの輪の企業向け太陽光発電にはそれぞれどのような特徴があるのか見ていくことにしましょう。
企業は社会への貢献という面と利益の追求という面を合わせ持っています。どちらが欠けても企業の運営は上手くいかなくなることでしょう。
社会貢献だけを優先してしまうと企業としての経営が成り立たなくなるリスクがありますし、利益の追求だけを優先してしまうと企業としての信頼を失ってしまう可能性もあります。
あんしん太陽光発電エコの輪では、こうしたニーズに応えることが出来る太陽光発電設備が用意されているといいます。
つまり、あんしん太陽光発電エコの輪が取り扱っている太陽光発電は、環境に対するマイナスな影響や負荷を極力減らすことが出来て、なおかつ電気料金の軽減という経済面での効果も同時に得ることができるという作用と効果を発揮するといえるでしょう

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている企業向け太陽光発電設備の特徴と環境問題と企業イメージについてみてきました。あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている自家消費型太陽光発電設備を設置することは企業の経営やイメージに対してプラスに働くものとなる可能性がかなり高いといえるでしょう。

あんしん太陽光発電エコの輪を企業が利用するメリット

環境問題への対応に積極的に多くの企業が取り組んでいます。
最近は電力会社から提供される電気を利用する方法から、自社発電の利用に取り組んでいる企業も増えているといいます。
そこで、あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている企業向けサービスを通して、太陽光発電のメリットについて探ってみることにしましょう。

◆あんしん太陽光発電エコの輪の法人向けサービス

まずは、あんしん太陽光発電エコの輪で行っている法人向けサービスについてチェックしておきましょう。
あんしん太陽光発電エコの輪では企業向けサービスのことを『太陽でんき®』と呼んでいるようです。
どのようなシステムかというと、太陽光システムを使って作られた電気を、その企業自身で使用することを目的としたものだといいます。
『太陽でんき®』は、あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている投資型ではありませんが、自社で作った電気が余ってしまう場合は、電気を売ることも可能なようです。

◆あんしん太陽光発電エコの輪の『太陽でんき®』のメリット

それでは、あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている『太陽でんき®』を利用するメリットにはどんなものがあるのか見ていきます。
まず、自社で使用する電気を作るので、電力会社から電気を購入する量や電気料金を減らすことが期待出来るでしょう。
また電気料金の値上がりなどを気にする必要もなくなることでしょう。
さらに、設備投資となりますので、償却資産として計上することで節税効果も期待出来ます。
また、屋根に太陽光発電設備を設置することによって、空気の層が出来るのだそうです。この空気の層がいわゆる断熱材のような働きをするので、屋根の温度の大幅な上昇や低下を防ぐことができるとのことです。つまり、夏の暑さや冬の寒さによる室内の温度変化を少なくする作用が期待出来るのだそうです。
また、太陽光発電設備を設置すれば、屋根に直接紫外線等が当たることがなくなりますので、紫外線による屋根の劣化損傷を抑えられるといいます。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている企業向けサービスと太陽光発電システムを企業で取り入れるメリットについて見てきましたが、経済的なメリットがかなり期待出来るのではないでしょうか。
もちろん、経済的なメリットだけでなく、環境面での貢献という点もありますので、企業の環境への取り組みをアピールする方法として、有効な方法と言えるでしょう。

あんしん太陽光発電エコの輪なら初期投資費用0円で自社発電スタート!

光熱費の出費をなるべく抑えたいと思っている企業は多いのではないでしょうか?
電力の自由化がスタートしてから10年以上が経過し、大量の電力を消費する企業においては、電気は買うから作るへと、変わって来ています。
自家発電を導入してみたいけれども初期投資費用はなるべく抑えたいと思っている企業は多いことでしょう。
そこで、初期費投資用を抑えてスタート出来るあんしん太陽光発電エコの輪の法人向けサービスをご紹介しましょう。

◆初期投資費用0円発電

まずは、あんしん太陽光発電エコの輪の企業向けサービスの中で、初期投資費用0円でスタートすることが出来る発電とはどのようなものなのかみてみましょう。
あんしん太陽光発電エコの輪で導入している方法は「PPAモデル」と呼ばれています。
「Power Purchase Agreement」の頭文字を取って「PPA」と略されているそうです。電力購入の契約で発電して電力を販売する者とその電力を購入する者との間で結ばれる契約になります。
因みに太陽光発電に関する契約の名称としては「ソーラーPPA」、「第三者所有モデル」、「オンサイト発電サービス」などがあるそうです。
あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている「PPAモデル」が初期投資費用0円でスタートすることが出来るのは、電気を購入する企業が所有する場所(屋根)などを太陽光発電の設置場所として、あんしん太陽光発電エコの輪が提携している業者が利用し、企業はその業者が発電する電気を利用するという仕組みになっているからだそうです。
つまり、企業は太陽光発電の設備を購入する必要がないため、初期投資費用が0円ということになります。

◆「PPAモデル」のメリットとデメリット

次に、あんしん太陽光発電エコの輪の「PAAモデル」のメリットとデメリットについて確認しておきましょう。
メリットとして、契約している期間は購入する電気料金が固定のため変動することがない点をまずあげることが出来るでしょう。
企業が保有している設備ではないため、修理や保守を行う必要もありません。電気料金は発電量に応じて発生しますので無駄がありません。設備は企業の資産ではありませんので資産として計上する必要がありません。
デメリットとしては、設備の所有者でないため交換や処分を勝手に行うことができないことです。契約期間については15年~20年という長期間の契約となるそうです。基本的に途中での解約をすることが出来ないのもデメリットと言えるでしょう。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪で取り扱っている初期投資費用0円で始めることが出来る企業向けサービスについてみてきましたが、導入を検討される際にはメリット面だけでなくデメリット面についても慎重に検討された上で決めることが必要でしょう。

あんしん太陽光発電エコの輪の企業向け発電サービス、選ぶならどちら?

企業への二酸化炭素排出削減に向けた取り組みが迫られる中で、太陽光発電の需要はますます高まっているようです。
企業向け太陽光発電サービスを提供している業者ではどのようなサービスを扱っているのでしょうか?
あんしん太陽光発電エコの輪が行っている企業向け発電サービスを紹介したいと思います。

◆あんしん太陽光発電エコの輪の企業向けサービス

まずは、あんしん太陽光発電エコの輪で行っている企業向けサービスについてどんなものがあるか確認しておきましょう。
自社で太陽光発電を利用して発電した電気を使う、いわゆる「自家発電消費タイプ」のサービスと自社で太陽光発電設備を所有することのない「PPAモデル」のサービスがあります。
これら2つのサービスの大きな違いは、太陽光発電設備を自社で所有するかしないかという点になります。
自社で太陽光発電設備を所有するタイプが「自家発電消費タイプ」で、自社で太陽光発電を所有しないで設置場所を電力業者に提供するタイプが「PPAモデル」になります。
あんしん太陽光発電エコの輪が提供しているこれらのサービスにはそれぞれに一長一短がありますので、どのようなメリットを受けたいか十分に考慮した上で導入することが必要になるでしょう。

◆企業向けサービスの向き不向き

それでは、あんしん太陽光発電エコの輪で企業向けに行っているサービスの向き不向きについてみることにしましょう。
長い視点で見た投資回収効率の高さや自由に処分や交換を行いたい場合は、自社で所有する方が良いでしょう。
ただし、初期投資費用や設備の保守を自社で行う必要がありますので、この点がクリア出来るかどうかは大事なポイントになりそうです。
初期投資費用をかけずにスタートして、設備のメンテナンスに手間や費用をかけたくないと思っている場合は、自社で設備を所有する必要のない「PPAモデル」が良いでしょう。
PPAモデルの場合、太陽光発電設備はあんしん太陽光発電エコの輪が提携している業者が所有していますので、自社の都合で設備を撤去したり交換したりすることは出来ません。契約期間は15年以上長期にわたり、中途解約も基本的に行うことが出来ないそうです。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪の企業向けサービスを見て来ましたが、それぞれの特徴を良く理解した上で、マッチ度の高い方を選ぶようにすると良いでしょう。
より詳しい資料が必要な場合は、あんしん太陽光発電エコの輪のHPにアクセスしてダウンロードすることが出来ますし、HPから資料を請求することも可能ですので、お気軽に取り寄せてみてはいかがでしょうか?